アンオークレンズミルクは界面活性剤不使用でメイク落ちるの?口コミから検証!

クレンジング・洗顔

界面活性剤を使わない画期的なクレンジング「アンオーホリスティッククレンズミルク」

普通、洗い流しが可能なメイクを落としには、水とメイクの油分を混ぜ合わせるために「界面活性剤」が必要不可欠。

肌に優しいと使用者の多い「石けん」でさえ、立派な界面活性剤です。

洗い流しができない「コールドクリーム」のなかには、界面活性剤が配合されていないものも確かにありますが、あれはふき取り専用で使用後にべたつきが残るのでなかなか使いずらいのが難点です。

洗い流せるクレンジングなのに、「界面活性剤が含まれていない」ってほんとなの?

界面活性剤が含まれていないのに、「メイクはほんとうに落ちるの??」

愛用者の口コミや、全成分から、検証したいと思います!

 

>>アンオーホリスティッククレンズミルク「1980円」のページはこちら。

 

アンオークレンズミルクの口コミは?界面活性剤不使用でメイクほんとに落ちるの?

アンオーホリスティッククレンズミルクの愛用者の口コミをチェックしてみましょう

手をぬらさないでメイクを落とすタイプです。
ミルクタイプは落ちが悪いイメージがあったのですが、アンオークレンズミルクは、くるくるしたら簡単にメイクを落とせたのでびっくりしました。
ほんのり香る柑橘系のにおいも好みです。
美容液成分入りなのでメイク落とし後もしっとりします。

(40歳)

 

メイクとよく絡んで、メイクがグングン落ちました。
ラメの入ったアイシャドウも、スルッと着れに落ちます。
メイク落ちがよく、洗い流した後のお肌はしっとりしています。
お肌がひきつれたり、かさついたりがなく、お肌に優しいのを感じました。
スゥ~と爽やかな柑橘系の香りがします。
すっきりいい香りで、リフレッシュしながら、メイク落としができました。

使っていくうちに、お肌のなめらかさを感じられるようになって、うれしいです。
お肌のうるおいを奪わないので、使い心地がいいです。

(41歳)

 

感動したのは洗い上がりのお肌のしっとり&つるつる感です。

クレンジングしただけなのに、むしろ美容液やクリームを塗ったお肌のようにしっとりになります。

この時期は洗顔後の乾燥が酷いのですが、急いで化粧水を塗らなくても大丈夫なので、
ゆったりとその後のスキンケアが出来る点も良かったです。

(35歳)

 

落ちるのに、肌に優しいクレンジング。
理想的ですが、そういう商品にはあまり出会ったことはなかったので、最初は半信半疑で購入しました。
結論から言うと、久しぶりに感動したというのが正直な感想です。
ウォータープルーフのマスカラ、アイライナーもきちんと落ちますし、なんと言っても洗いあがりの肌が全然違います。
ミルクタイプですが、まるでバームで洗ったかのように、洗った後も潤いヴェールが肌を包み、もっちり肌が持続します。
実はこのヴェールは、スクワラン、セラミド、ホホバオイルのバリア成分のヴェールだそうです。
全部私の大好きな保湿成分で、どうりで使い心地がいいわけだと納得しました。

(36歳)

 

クレンジングは洗浄力が強いものを選びがちですが、乾燥して突っ張ることが悩みでした。

こちらはアンオーはミルククレンジングなので、本当に落ちるのかな?と思いましたが、洗顔後、美顔器で汚れの落ち具合をコットンで確かめてみましたが、W洗顔不要なのに洗い残しがないです!

また洗顔後の突っ張り感もなく、しっとりしています

更に毛穴の開きも少しずつ、小さくなってきて、とても満足できました!

もっと長く使ってみたいと思ってます

(33歳)

実際の愛用者の口コミをチェックしてみると、

「ミルククレンジングはメイク落ちがよくないことが多いのに、ウォータープルーフのマスカラでもスルンと落ちた。」

「洗い上がりの肌が本当にしっとり。クレンジングしたばかりとは思えない!」

と、「これまでのクレンジングとの違い」を確実に実感している口コミが多いようでした。

アンオーホリスティッククレンズミルクが口コミで人気の理由を調べてみました。

>>さらに詳しい情報についてはこちらから。

 

アンオークレンズミルクが口コミで人気の理由は、「全成分」にあり。

①クレンジングでは珍しい「界面活性剤一切不使用」

アンオークレンズミルクが、口コミで人気の理由の秘密は、まずその「配合成分」にあります。

中でも、他のクレンジングと圧倒的に違うのは、「界面活性剤不使用」ということ。

「石油系界面活性剤が不使用」というものは多く見かけますが、合成・天然にかかわらず「界面活性剤完全不使用」というのはまず、ありません。

本当に界面活性剤が不使用なのか、ここで、全成分をチェックしてみましょう!

【アンオークレンズミルクの全成分】

ミネラルオイル、水、BG、エチルヘキサン酸セチル、トリエチルヘキサノイン、トコフェロール、3-0-エチルアスコルビン酸、セラミドNP、ホホバ種子油、スクワラン、スイゼンジノリ多糖体、メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁、イワベンケイ根エキス、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、乳酸桿菌/乳発酵液(牛乳)、カルボマー、水酸化Na、メチルパラベン、ペンチレングリコール、イランイラン花油、オレンジ果皮油、グレープフルーツ果皮油、コリアンダー果実油、マンダリンオレンジ果皮油、ニオイテンジクアオイ油、ベチベル根油、メボウキ油、ラベンダー油

まず、クレンジングにしては、成分がシンプルです。

そして、全成分をひとつひとつチェックしてみても、本当に界面活性剤は配合されていません

全ての界面活性剤が肌に悪いというわけではありませんが、界面活性剤の中には、脱脂力が強力で肌のバリア機能をこわしてしまうものもあります。

アンオークレンズミルクには、いかなる界面活性剤も配合していないので、「界面活性剤が配合されていることによって肌に与えるリスク」を一切排除しているといえます。

界面活性剤には一切頼らず、分子と分子の間に生まれる「引力」によってメイクを引き付けてオフするという方法をとっています。

この製法は、神奈川大学と東洋新薬の共同開発によるもので、特許も取得ずみ。

東洋新薬さんといえば、「NALCの日焼け止め」や、「江原道のウォータリーUVジェル」といった界面活性剤不使用の日焼け止めも製造しているメーカーです。

 

>>アンオーホリスティッククレンズミルク「1980円」のページはこちら。

 

②高いストレス耐性を誇る4種の植物エキスを配合

アンオークレンズミルクには、極度の感想や強烈な紫外線のもとでもしっかり生きる「抗ストレス力の高い」植物エキスを配合しています。

強い紫外線、汚れた外気や乾燥など、常に様々なストレスにさらされている私たちの肌。

「アンオーバリアコンプレックス」が過酷な状況下でも、強くて美しい肌でいられる手助けをしてくれます。

 

③とぅるんとした独特の洗い上がりがやみつきになる。

他のクレンジングとは成分や乳化方法が違うため、アンオークレンズミルクの洗い上がりは独特です。

洗い上がりの肌触りが、「とぅるん」としているのは、スクワランやホホバオイルなどの保湿成分が、肌を潤いをしっかりと守ったまま洗い上げるからなんです。

愛用者からは、「洗い上がりの肌の感触に病みつき」という声が多いのも事実です。

 

④天然精油の香りに癒される

オンオークレンズミルクは、9種類の天然精油(イランイラン花油、オレンジ果皮油、グレープフルーツ果皮油、コリアンダー果実油、マンダリンオレンジ果皮油、ニオイテンジクアオイ油、ベチベル根油、メボウキ油、ラベンダー油)がブレンドされた癒される香り。

もちろん合成香料は不使用。

一日の終わりに、柑橘系の香りで癒される、というのも口コミで人気の理由です。

 

⑤肌に刺激になるものは無配合

アンオークレンズミルクには、界面活性剤だけでなく、アルコール・紫外線吸収剤・合成香料・着色料・フェノキシエタノールも無配合。

敏感肌の方でも安心して使える処方です。

 

>>アンオーホリスティッククレンズミルク「1980円」

 

アンオークレンズミルクの取り扱い店舗は?薬局・ドラッグストア・百貨店で買える?

アンオークレンズミルクの取り扱い店舗は?

薬局・ドラッグストア・バラエティストア・百貨店などの実店舗での取り扱いはあるのでしょうか?

調べてみましたが、アンオークレンズミルクは、現在「通販限定」のようです。

 

アンオークレンズミルクは楽天・アマゾンで買える?

それでは通販大手の、楽天やamazonでアンオークレンズミルクの取り扱いがあるのでしょうか?

調べてみました。

まず、楽天では・・・

楽天にも取り扱いはありましたが、定価販売でした。

高いですね。

続いてアマゾンはどうでしょうか

アマゾンも同じく定価販売でした。

アンオークレンズミルクをいちばんお得に購入できるのは公式サイトです。

 

アンオークレンズミルクの最安値は公式サイト。

アンオー公式サイトでは・・・

●初回56%オフ1980円(税込・送料無料)で購入できます

30日間全額返金保証付。

●定期購入ではありますが、休止・解約はいつでも可能

万が一肌に合わない場合も安心です。

●2回目以降は22%オフ

●支払いはクレジットカード・NP後払い(手数料205円)から選べます。

 

>>アンオーホリスティッククレンズミルク「1980円」のページはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました