化粧直しパウダーは「小さくて持ち運び便利」がマスト!おすすめはこれ!

ベースメイク

女子の必須アイテム「化粧直しパウダー。」

化粧が崩れて、ギラギラてかった肌・・毛穴がぱっくり目立った肌・・

そんな女子力ダウンな肌を、サッと、朝のさわやかフェイスに戻してくれる

「化粧直しパウダー」

メイクポーチの中には絶対必要ですよね。

 

でもパウダーって、ほんとにいろんなメーカーから出ていて、

「いったいどれを選んだらいいのか、わからない!!」

というのが本音。

 

ここでは、

「化粧直しにベストなパウダーってどういうの?」

ということについて考えていきたいと思います。

 

化粧直しは、ルースパウダー派?それともプレストパウダー派?それとも・・?

「パウダー」は、大きく分けて、

①ルースパウダータイプ のものと、

②プレストタイプ のもの

の2種類に分けられます。

化粧直しに、

「パウダーファンデーションを使っているよ~」

という方も、パウダーファンデーションはプレストされたタイプになるので、ざっくりと、②に当てはまるかと思います。

それぞれを、「化粧直し時に利用する際の」良い点・悪い点を見てみたいと思います。

 

化粧直しパウダーに「ルースパウダー」を利用する場合の良い点・悪い点

まず、ルースパウダーを「化粧直しパウダー」として使う場合の良い点・悪い点は・・

【◎良い点】

ふわっと軽い仕上がりになる。

●大きくパフできるので、時短になる

 

【×悪い点】

●容器が大きいことが多いので、かさばる

●場合によっては、別にブラシやパフもプラスして携帯する必要がある

●鏡が付いていないことが多いので、基本的に、鏡のある「化粧室」などの場所でしか直せない

 

メイクアップアーティストやBAさんなど、「化粧すること」を仕事としている方ならともかく、

そうでない方にとっては、荷物もかさばるし、そこまでしなくても・・

という方も多いかも。

 

化粧直しに「プレストパウダー」を利用する場合の良い点・悪い点

続いて、化粧直しに、「プレストパウダー」を使う場合の、良い点・悪い点は・・?

【◎良い点】

●「容器が小さい」ので、携帯に便利

●ものによっては、コンパクトに鏡がついているものもある。

 

【×悪い点】

●ルースパウダーと比べて、重い仕上がりになりがち

特に「パウダーファンデーション」をお直し時に使うと、かなり「厚塗り感」がでる

●ポーチの中で割れてしまうと、粉が飛び散り、ポーチが最悪の状態になる。

 

ルースパウダーと比べて、「小さく、持ち運びに便利」なので、

どちらかというと「プレストパウダー」タイプのものを化粧直し時には利用している方が多い印象です。

女子の荷物は、ただでさえ仕事道具などで重いので、メイク道具はできるだけ軽量化したいというのが女心。

そんな、軽くて持ち運びには便利な「プレストパウダー」ですが、

上記にあげたように、

「厚塗りになりがち」 「割れると大変」

という欠点も。

さらには、

鏡が付いているとはいえ、「人前で化粧を直す」のは恥ずかしいですよね。

結局のところ、鏡がついていても、

「化粧室などでしかお直しできないのが現状」

ではないでしょうか?

もし、人目を気にせず、どこでもキレイな顔に戻せて、

「持ち運び」にも便利なパウダーがあったら・・・?

そう思ったことないですか??

 

 

おすすめは、小さくて持ち運び便利な”化粧を「戻す」こと”ができるパフ。

「今のパウダーで、充分きれいにお直しできてる」

という方は、もちろんそのパウダーを使い続けていただければいいのですが、

もしあなたが、

「なかなかキレイに化粧直しができるパウダーに、めぐり合えていない」

というのならぜひ、チェックしていただきたいおすすめのパウダーがあります。

↓それがこちら。

>>朝の化粧に戻す「パフ」PAFUCO

 

 

「化粧を直す」という今までの発想とは全く違って

化粧を「朝の顔に戻す」という新しい発想から生まれたパウダーです。

ルースタイプの良い点である「ふわっとナチュラルな仕上がり」と、

プレストタイプの「小さく、持ち運びが便利」という良い点のどちらも兼ね備えている新しいパウダーです。

さらに、手のひらにすっぽり収まるタイプで、鏡もついています。

今までできなかった、どんな場所でも、誰にもバレずに、化粧を”戻す”ことが出来るパウダーです。

>「化粧戻しパフ」について詳しく見てみる。

 

私も実際愛用している便利なアイテムです。

使ってみた感想なども書いていますので、よろしければ参考にしていただければ、と思います。

>>「化粧戻しパフ」を使ってみた感想

 

 

コメント